忍者ブログ
日々のあれこれを徒然なるままに、書き連ねているだけですw
[74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうやら北朝鮮に対する制裁の決議が国連で決まったらしい。
制裁に加え、臨時検査もするとかどうとか。。。
日本は臨時検査するように真っ先に訴えて、そうなったわけだがまずいだろ?

日本の憲法、法律で周辺事態法とか云うのがあるらしいが、仮にそれにもとって臨検したとしてだ。
臨時検査自体、抵抗する場合には武力を用いて強引にやっても仕方ないと認められているらしい。

まぁ 武力衝突になりかねんな。

幸い日本は臨時検査を直接できないので間接的な支援に回るわけだが、武力衝突が起きたとして、最悪の場合その火の粉は日本に及ぶ可能性は多大にある。

臨検による武力衝突が十分に回避できるような、また万が一起こったとしてそれにちゃんと対応できるような法律上の整備、内閣や国会のシステムが今の日本でできているとは思えない。
自民党の舛添要一は今から特別法を整備しますとか云っているが、整備して施行されるまでの間、相当な時間が必要だろうに。。。


俺個人の意見としては

別に共産党の時代遅れの連中のように断固として現憲法を固持すべし、それさえ守っていれば平和でいられるとはまったく思わない。

日本国憲法ってのは60年近く前にできたもんだ。
あの当時では考えられなかったような事態や世界情勢が今の社会にはあふれてる。


しかし、阿部内閣のように北の脅威に刺激され、法的な整備や配慮もそこそこにやれ制裁だ、臨検だとも思わない。


制裁や臨検など刺激を伴う政策は十分な法的な整備、配慮がなされてからするもんだ。

まぁ かといってそのような事態が起こることを見据えた上ではじめから法律の整備をするというのも難しいものだ。
法律(とくに国家の治安安全にかかる)はワクチンじゃないから前もって何事もやるわけにはいかん。
現在ある有事法、盗聴法、破壊防止法などは必要なものとはいえ、日本(民主主義国家)の国是である「基本的人権の保護」「宗教、思想、言動の自由」に対して侵害する性格を潜在的に持っているのも確かである。

それを考えると、とりあえず現行憲法の枠内で制裁や臨検をやって、この先に起こりうる事態に対して法の整備を完全にするというやり方が無難なのかもしれない。

難しいもんだ。


P.S.
太閤立志伝5にはまる。
武士、剣豪、忍者、海賊、商人、医師、鍛冶屋など様々な視点から戦国時代で天下一の道を究めるというのがオモシロイ。

どっかのサイトで戦国時代クイズなるものをする。
14000人中800番後半くらいだった。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kai
性別:
男性
職業:
臨床心理士
趣味:
なんだろ?
バーコード
ブログ内検索