忍者ブログ
日々のあれこれを徒然なるままに、書き連ねているだけですw
[29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、トロイの木馬に感染してしまったワシのPCですが…。

今のところ特に問題ないようです。

あのあと帰ってすぐにノートンの旦那のウイルスチェックをしましたが、特に問題がないとの事。
まぁ、問題点が見つけられてないだけでは?という可能性もありますが、ワシにはこれくらいしかできないような気がします…^^;


まぁ、もう少し調べてから、また対策を練ります~♪







最近はDVDやGyaOで映画やドラマを見まくっています。



まずはコレ↓


ヒトラー.jpg


ヒトラー最期の12日間



ついに第三帝国の首都ベルリンは連合軍に包囲され、帝国は最期の時を迎える。
逃げ場のない市街戦で地獄絵図と化すベルリン。
道路の粗末な塹壕からソ連の戦車に立ち向かって行くわずか12歳程度の少年兵達。
市街地から逃げだそうとして、スパイ容疑を掛けられ、ドイツ兵に殺される一般市民。
切断された手足の入った洗面器、瀕死の負傷兵やで溢れかえる総統府地下壕の治療室。


凄すぎる…


第三帝国首脳陣の苦悩の姿も印象的だった。


そのような状態でも勝利の幻想を抱くヒトラー。
支離滅裂な戦略や命令の乱発や穏やかな会話から一転して激怒する一面。


この状態でもヒトラーに対して絶対的な忠誠を誓うゲッペルス一家や塞ぎこんだ地下壕の人々を明るく支えるエヴァ・ブラウン。
深まる酒とタバコで呂律も回らない千鳥足の高級将校たち。


滅び行く帝国とヒトラーの狂気と周囲の人々の哀愁を感じる作品だった。


絶対お勧めです!



あとはトニー・レオンの「東京攻略」「非情城市」に、中村獅堂と竹内結子の「今、会いに行きます」。
東京裁判を扱った「プライド」に少し前に騒がれたドイツ映画の「グッバイ・レーニン」…

どれも微妙だった…orz




あーあー。 そうそう。

GyaOでのオススメはホラー映画(?)の「ファイナル・ディスティネーション」

予知夢みたいなもので運よく墜落事故を逃れた主人公と友人達。
しかし彼らを悪夢が…!って感じの話です。
ホラーというけど、幽霊や殺人鬼が出るわけでなく、不可解な事故によって次々と死んでしまうというやつ。

結構良かったyo!

怖いというか息つく間のないような展開が良かった。


ヒマなときに是非!




P.S.
ついにW杯が始まりました~♪
別にサッカー好きとか言うわけではありませんが、ワクワクものですね♪

頑張れ! 日本代表!







PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kai
性別:
男性
職業:
臨床心理士
趣味:
なんだろ?
バーコード
ブログ内検索