忍者ブログ
日々のあれこれを徒然なるままに、書き連ねているだけですw
[271] [270] [269] [268] [267] [266] [265] [121] [264] [263] [262]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明けましておめでとうごさいます
今年もよろしくお願いします


帰省してましたが、先戻りました誾

話長いから、二つに切るよ。

バイトが29日に終り、30日に帰省だが、は民営化になって、都合悪いから、黒ネコヤマトの便が遅れてあわや乗り遅れになりかけた。


大晦日、香春の祖父宅にいく。
84になっても、未だに現役の医師として働いてる祖父は尊敬に値する

祖父とは、いつも戦争の話を聞く。
戦争末期、祖父は韓国の大邱(テグ)にある医学部に行っていた。

夏休みに友人が経営する園の手伝いに行った。
寛いでいたら、後輩がやってきた。
ラジオで天皇が話しているらしい。

なんと言っとるか、理解出来んかった。
ソ連が宣戦布告したんやと思ったらしい。

情報を集めるため、大邱に戻った。
街中が、マンセー、マンセーとお祭騒ぎ。
どうやら敗戦の知らせだったらしい。

慌てて、家に帰ると布団から、何から家財を一切盗まれた。
こりゃ、ヤバい

韓国で冬を越せないし、日本人だから殺されるかも知れない。

急いで帰国しようと、同郷の香春出身の人の店に駆け込んだ。

主人はいち早く釜山まで逃げようと言って、学生でのない祖父達三人を荷物持ちとして同行させた。

日本円は使えるが価値が暴落し、普段の何倍もを払い、釜山までの切符を買った。

釜山は避難民でごった返しだ。
も出港予定がわからない。

どんな時代も力あるものが勝つ。
軍隊や憲兵や役人が優先的に帰るらしい。

商人の主人は憲兵隊に親戚がいたらしく、は何とか確保出来た。
で門司港につけば、生まれ故郷の筑豊田川の香春までは車で一時間の距離なんで、歩いても帰れる。

祖父たちは暴落して、紙くず同然になりかけた日本円を使いきるために、闇市で食べ物を食べたり、買ったりした。

釜山にいて、数日でが出て。帰国出来た。

祖父は運が良かったと言う。
北朝鮮からきた避難民が釜山まできて安心したのか、線路で寝ていたら、列車に跳ねられて死んだり、に乗れない人達が帰りたい一心でボロボロの漁船を買い、それで帰ろうとし、福岡の玄海灘に消えた人たちの悲劇もあった。


香春に帰ってからも大変だったらしい。
食べ物がなかった。

僅かな配給の小麦粉を練り、カマボコ板で作った箱に詰め、電球から、配線を引っ張り、電極を繋いでパンもどきを作った話。

後輩と一緒にヘビをぶつ切り蒲焼きにし、七輪で焼いて食べた話。
醤油や砂糖なんかないから塩だけで食べる。
味いが、他に食べ物がない。


空豆畑に入り、豆を掴んだ瞬間見つかり、必死に逃げたこと。

お互いに生きるために必死だから、地獄の果てまで追いかける勢いで追われたこと。

終戦すぐに両親を亡くし、21、2歳そこらで 終戦の混乱の中、学費と生活費を稼ぎながら生きていたなどすごい話だ。


尊敬に値する



正月は伯父に会った。
医学部を卒業して、インターンで地元に帰った時の話を聞いた。

伯父は学生結婚だったみたいなんで、教授が例外として普通より早く配属をしてくれたらしい。

英彦山病院
老人科と精神科な
飯は不味くて、は砂嵐で見えない。

待機時間はすごい暇やったらしい。


その後すぐ、救急に配属。
免許取り立ての新人だから、何も出来ないのは自分が一番分かっとる。
しかも、救急だから、重患がいきなりやって来る


一人当直の時、のサイレンが怖かった。
俺は何も出来ない、こっち来るなよ
まさにブラックジャックによろしくの世界だったらしい。

でも来たら仕方ない。
四十代女性が呼吸停止して⑩分の状態で運ばれて来た。
顔は引きつり、心臓バクバクしながら、救命措置。

呼吸ないから、肺に挿管。
初体験の挿管が一回で出来たら、急に落ち着いたらしく。

ベテランの先生に電話で指示を仰ぎながら、自分の出来る範囲で処置したらしい。


なんかな伯父らしいね(笑)


叔父の話も聞いた。
何回か歯学部で留年した話。
喧嘩の仲裁しようとして、顎を砕かれ、急患として手術

執刀医が、自分のゼミの教授ですごい恥ずかしい思いをしながら、手術を受けたらしい。


久し振りに祖父の家に行ったが、相変わらずだな
バーで何万もするような酒が三階に何個も置かれていた?

弟が、ナポレオンがあると言った時、咄嗟に『下町のナポレオン(焼酎)』と言ったのはオイラです?

祖父とナポレオンを飲む。
やべぇ、いい酒はまぢ違う?

祖父は欲しいならやると言われたが、若いやつにはもったいないと反対された(泣)


帰省の後半は、次に続きます
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kai
性別:
男性
職業:
臨床心理士
趣味:
なんだろ?
バーコード
ブログ内検索