忍者ブログ
日々のあれこれを徒然なるままに、書き連ねているだけですw
[276] [275] [274] [273] [272] [271] [270] [269] [268] [267] [266]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネタがないため、去年末に、友人とで遊んだネタをつかう。

もしもシリーズ①
スティーブン・セガールが高校生という設定で映画作ったなら。

【沈黙の学園】

主演…スティーブン・セガール
ヒロイン…未定
ライバル…真田広之
教頭…伊武雅刀
校長…藤岡弘
体育教師①…竹内力
体育教師②…角田信朗体育教師③…ガッツ石
不良①…仲村トオル

なんか、年月日と場所の字幕と一緒に家が写ります。
朝、幼馴染みのヒロインがセガールを起こしに来ます。
セガールは全く起きる気配はありません。
遅刻してたまるかとヒロインは『先いくよ』の捨て台詞で学校に向かいます。

ヒロインが消えて、のそのそ起きたセガールが準備を始めます。


なんかその間、英語字幕でスタッフやキャストとか小さく画面下なんかに浮んでは消えて行きます。

そして、われらがセガールついに出て来ました。
学ランに似非ポニーテールがトレードマークで高校生よりもタダのおっさんにしか見えないです。
禁止されとるはずのバイクでなんか昼時に登校します。

もちろん遅刻と校則違反で、体育教師①に捕まり、説教+バイクを没収されそうになります。

反抗し、体育教師①をシバき倒します。
若かりし頃は岸和田最強な人でも、所詮はVシネマ。
ハリウッドには勝てません。


それでも、腹の虫が収まらないセガールは相手が不良だからと言う理由で廊下で肩がぶつかった不良①を問答無用でシバき倒します。
ビーバップハイスクールも今は昔…不良①は敢え無くやられます。
もうどちらが不良か分かりません。


教師への反抗、校内暴力により、セガールは停学をいい渡されます。

でも、いきなり妖精さんが降って来たセガールは逆ギレして、職員室に殴り込みに行きます。


前半の見どころです!
鎧袖一触のようにちぎっては投げちぎっては投げするセガールの前に体育教師達が黒い3連星のように立ちはだかります。

『先日は油断したが、そうはいかない!』

襲いかかるヤバい3連星の1人を踏台にします。

『俺を踏台にしやがった!』


3人を蹴散らして、なんか涼しい顔のセガール。


廊下では生徒が黒山の人だかりでセガールを応援してます。

そんな学校の様子を校長室のブラインドからみた校長は、江田島平八のように腕を組みニヤニヤしながら呟きます。

『そう、これが本来の学校というものだ。』分け分かりません…。


危うく難を逃れた教頭は電話を掛けます。
その相手は……。



平穏な?学校に戻って一週間後。
1人の生徒が謎の死を遂げます。

物語に行き詰まり、降って沸いたよーな出来事です。

その葬式の帰りにセガールはバイクに乗った不良に襲われます。

ピンチを切り抜け、バイクが通り過ぎたあと、地面に落ちていたものに目が止まります。

そして、少し古臭い感じの雰囲気で回想が始まります。

ガキのセガールとガキの男の子、ガキの女の子が仲良く遊ぶシーンです。
そして都合良く宝物を交換します。

なんか全てを悟った表情の、知ったかセガール。
犯人の正体、謎の死の犯人など確証もなく理解したようです。

そこに校長が一言、セガールに語りかけて消えます。

『正しいと思うことを貫け』

無責任です!
なにが正しいかも分かってないセガールにそんな事を言って逃げるわけですから。


セガール、悟った表情でヒロインのところに行き、いきなり告白します。
そして、答を背中で聞き流しながら決戦の地に向かいます。


廃工場跡
不良グループが群がってます。
その中央にはリーダー、かつての幼馴染みの男がいます。

セガール、不良グループをちぎっては投げちぎっては投げします。

ザコみんなやられたら、ついにライバルが動きます。
いつの間に拾ったナイフで得意の∞を描きながら戦うセガール。


ナイフ同士ぶつかって、無駄に火花が飛び散ります。

ナイフじゃいくらしてもケリつかないからか、今度は素手です。

ライバルはラストサムライやラッシュアワー③などで強いキャラクターばかり演じてる国際的な俳優です。

セガール、押されてるはずがなぜか余裕の表情。
ライバルの方がすごいのに、なんか勝っちゃいます。

倒したのはかつて親友のなのにセガールちっとも悲しそうに見えません。
ライバルを倒したが、彼は使われただけで、黒幕いると悟ったセガール。


そのまま、工場を後にします。


夜、駐車場で車のキーを開けようとする男。セガールは卑怯にも後ろから、手刀で闇討ちです。

地面に倒れた教頭を横目にセガールは去り、愛するものの元へ向かいます。



家にはヒロイン。
ヒロインめんどくさそうに感じてますが、そんなのは微塵も表情に出しません。
そしてフィナーレのキスシーン、ヒロイン少し嫌そうですが、表に出さないのはさすがです。

でもキスだけ。
身体は許して貰えないプラトニックセガールでした。


夜も更けて、段々とが遠ざかり、暗くなって、スタッフロールと主題歌が流れジ・エンド。



どうよ?
アカデミーねらえそやない?(笑)
つうか最近落ち目の沈黙シリーズ最高傑作間違いない(笑)

PR

コメント
面白そうですな
でも、セガールが高校生ってどんだけ老け顔の高校生なんだよ、と。まぁでも若かりし頃のセガールなら体のキレもあって案外いけるかも…
【2008/02/15 08:42】 NAME[j-o] WEBLINK[] EDIT[]
無題
全印が啼いた!!
【2008/02/15 14:49】 NAME[○坊] WEBLINK[] EDIT[]
無題
オワタ氏》老けてる高校生も、見どころです!(笑)
学ランセガールもレアだよな。

○》ハリウッドもほっとけないアイディアやと思うヨー
【2008/02/17 13:51】 NAME[カイ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kai
性別:
男性
職業:
臨床心理士
趣味:
なんだろ?
バーコード
ブログ内検索