忍者ブログ
日々のあれこれを徒然なるままに、書き連ねているだけですw
[326] [325] [324] [323] [322] [321] [320] [319] [318] [317] [316]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、風呂で半身浴しながら、三十分から四十五分ほど、浴槽につかりながら本を読むのが好きだ

心理学の本、戦記物、ドキュメンタリーもの、ナチュラルジオグラフィとか。


最近は、「大空のサムライ」を読んでいる。
佐賀県が生んだ空の英雄、坂井三郎の話

太平洋戦争中に、零戦を駆り、中国大陸、フィリピン、ジャワ、ラバウル、ニューギニア、硫黄島を転戦。
60数機の敵機を撃墜したエースパイロットの自伝

この本が出るまで、欧米の人たちは日本軍のパイロットを冷酷で獰猛な獣と思っていたらしいが、日本軍のパイロットもはやり自分たちと同じ人間なんだと再確認させるキッカケになった一冊

敵機や敵艦を闘志むき出しで攻撃していたが、自分の弾で負傷するパイロット、長江を赤く染める敵兵の血をみて、心を痛めるシーン。
撃墜した機から敵のパラシュートが出てこず、自分が手を下した一人の人間の死に直面し、後味の悪さを覚えるシーン。
そして瀕死の重症を負いながら、数時間もの間、何度も意識を失いながら、燃料の殆どないような状態で基地まで生還するシーン。

名作です

初心者にもわかりやすく、読みやすい作品のため、世界的ベストセラーになり、映画化されたのも納得だ
イラクの空軍ではパイロットの新人教育の必須書とまでなったらしい

しかし 映画では坂井三郎を藤岡弘、が主演だったので何故か笑えてしまいます
PR

コメント
ふwじwおwかw
あんな濃い顔
弱ってても強そうだし感動は生まれるのでせうか?
日本沈没でラヴシーン(笑)してる場面で笑ってしまいましたねアタシャ
【2009/06/22 18:40】 NAME[◎] WEBLINK[] EDIT[]
いやはや。
彼くらい。セガールと戦っても勝てそうな人

セガールと弘、はラブシーン似合わない(笑)
【2009/06/29 13:24】 NAME[kai] WEBLINK[] EDIT[]
寧ろ
フジオカとセガールがラヴシー アッ アッー
【2009/06/30 16:43】 NAME[◎] WEBLINK[] EDIT[]
無題
あああ 禁断w
【2009/07/01 01:08】 NAME[kai] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kai
性別:
男性
職業:
臨床心理士
趣味:
なんだろ?
バーコード
ブログ内検索