忍者ブログ
日々のあれこれを徒然なるままに、書き連ねているだけですw
[309] [308] [307] [306] [305] [303] [302] [301] [299] [298] [297]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝、何故か地元のホテル、エル○ドを思い出した(笑)


前回書いた、建物の外観が、Burberrysのマークみたいに騎士の像が引っ付いてるホテルで、幼稚園時代から、あのホテルに泊まるという野望が続いている(`・ω・)q

もちろん、あの純粋な時期と今では、泊まる意味が変化したのは、言うまでもない(笑)(笑)


ワシはラブホテルより、シティーホテルやビジネスホテルの方を選ぶタイプだ。

金があり、記念日なら、インターコンチネンタル東京ベイや、リーガーロイヤルなど。
地元なら、百道にあるシーホークを取る。

まぁ、一・五流クラスなシティーホテル


金がないと、ビジネスホテル(笑)
西鉄インや東横インなど(笑)(笑)



俺が、ラブホテルをあまり使わないのには、訳がある(笑)

何年か前、当時の彼女とラブホテルに行った。

たまたま近くにある。
フリータイムが安かったから。


その時まで、俺はラブホテルに別にマイナス感情を抱いていなかった。


まずは、いきなり一撃を受ける


受付で、カップルが従業員とケンカしているのだ

しかも、俺の親に近いような熟年カップルだし、ケンカ内容にも、俺はビビった


『何故、鏡張りの部屋がないんだ

申し訳なさそうに従業員。

さらにおバカな親父は

『兄ちゃんも、鏡がないと楽しみが半減と思わないか


Σ(゜Д゜ノ)ノ
ワシに同意を求めてる
てか、巻き込むな

『ハァー?』


熟年カップルは、結局ギャアギャア騒ぎながらも、インしました。

続けて、ワシらも、コッソリとチェックインし、鍵を受け止りました(笑)


そこで、荷物を置き、シャワーを浴び終わり、これからいよいよという時に


『あああああぁ"~ん

Σ(゜Д゜ノ)ノ
まるで雄叫びのような、おぞましい声が隣の部屋から、聞こえてくる


………
一気に良かったムードが崩れたのは、言うまでもない


ここで取るべき道は、三つ
①、過激にで、負けないくらい喘ぎ声をこちらもあげる(笑)
②、とりあえず、コッソリとをする。
③、諦めて、映画でも2人仲良くみる。


『諦めたら、そこで試合終了だよ』
スラダンの安西先生より。



今なら、①を選ぶかもしれません。
というか①を選びます(`・ω・)q

しかし、当時の俺は②を選びました。



とりあえず気を取り直して…



『いいいいぃ"~~


……
頑張ろうにも、あの断末魔のせいで、息子が萎えて戦えません(笑)(笑)


『き、今日は止めようか。』

『う、うん。そうだね。』


こうして、二人で、映画をみようとしますが…


『うううううう"~ん


………
何をしようにも、聞こえる悪魔の声?



もはや、ここじゃ居るだけ無意味だな(笑)
お互いにそう思い、服を着て、荷物を持って部屋を出て行きました。



そこでトドメの一打


ホテルの清掃係二人が、俺たちの部屋のドア横に座って、スタンバイしてます
東南アジアの言葉でペラペラ~。

彼女たちは、客に挨拶することもなく、部屋に入り、いそいそと部屋を掃除し始めます。

ホテルで、この有様はないだろう
しかも、ラブホテルだからこそ、そこらへんのデリカシーさ、いるんでない


それ以来、ボクは、ラブホテルを使いません。
PR

コメント
無題
てか そんな喧嘩すんなら他所行けと(笑)
【2008/12/10 12:31】 NAME[◎] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kai
性別:
男性
職業:
臨床心理士
趣味:
なんだろ?
バーコード
ブログ内検索